焼酎とご当地グルメはベストマッチ

焼酎とご当地グルメはベストマッチ

最近話題のご当地グルメ。
その土地で生産された食品を食べ継いできた人たちが生み出した
料理によく合う飲み物といえば、何を思い浮かべるでしょうか?

 

ご当地グルメをより美味しくいただくには、
その土地で製造されたお酒をお供にするのが1番です。

 

中でも焼酎は、地方によって原料が異なるためより地方色の強いお酒といえます。
すなわち、その土地に住む人たちの食生活を色濃く反映した飲み物といえるのです。

 

地元の人たちが食べてきた料理に、
こうした焼酎が合わないわけがありません。
三宮の個室がある居酒屋でもそうですが、
郷土料理を提供する居酒屋や飲食店で
焼酎を数多く揃えているお店が多いのも、この点に起因するといって良いでしょう。

 

ご当地グルメと焼酎を一緒に味わうときには、いくつかのポイントが存在します。
1つ目は料理の味付けです。

 

味付けが濃いものであれば、
焼酎をロックやストレートで飲むことをおすすめします。

 

焼酎は風味が強いお酒ですが、
料理そのものの味付けが濃い場合にはその風味に負けることなく
お互いの良い部分を主張し合うからです。

 

反対に、素材の味を生かした料理であれば
焼酎を水やお湯で割ると良いでしょう。
焼酎の力強い風味によって素材の味が消されるのを防ぐためです。

 

また、焼酎の原料と
料理に使われている素材をマッチさせるのも美味しい飲み方です。

 

例を挙げるとするならば、さつまいものてんぷらと芋焼酎、
麦飯と麦焼酎といった感じです。

 

旅行に出かけたときや出張中の息抜きとして、
郷土料理を提供する居酒屋を訪れた際には、
こうした飲み方をぜひ試してみてください。

 

その土地に住む人たちが引き継いできた
歴史と伝統を舌で感じることが出来ることでしょう。