地方ごとに違う日本酒の味わい

地方ごとに違う日本酒の味わい

最近では、郷土料理を扱う居酒屋や飲食店が随分と増えてきました。

 

その地方出身の人には昔ながらの懐かしい味として、
また土地に行ったことが無い人には未知なる魅力が私たちの口の中に広がります。

 

そんな郷土料理に彩を加えてくれるのがお酒です。
最近では地酒も数多くの物が誕生し、
ウィスキーやワインといった洋酒を特産としている都道府県も多数見受けられます。

 

こうした地酒の中でも地方ごとに味が異なるものといえば日本酒です。

 

お米は日本全国で生産されてきた食物ですから、
日本酒にもその土地ならではの味というもとがあるのです。

 

今回は、ご当地グルメや郷土料理を美味しくしてくれる、
地方ごとの日本酒の特徴について詳しくご紹介します。

 

まずは、北海道や東北エリアの日本酒について見ていきましょう。
冬の寒さが厳しいこれらの地域では、
淡麗でスッキリとした飲み口の日本酒が多く造られています。

 

海産物が特産品である北国では、
お魚の味をより引き立てるために引き締まった味わいの日本酒が好まれているのです。

 

関東地方の日本酒は、各地で作られたお米を熟成させながら造るため、
味にも独特の風味が生まれています。

 

水源が豊富な地域ですから、
使用しているお水によって日本酒の味わいが大きく異なるのもポイントです。

 

中部や近畿エリアでは、濃厚な日本酒がたくさん造られています。
飲んだときの味わいがまろやかで甘みが強いのも特徴的です。
口当たりが優しい日本酒が多いので、
日本酒をあまり飲んだことが無いという方はこちらの地方のお酒を飲んでみると良いでしょう。

 

四国や九州では、北国と同様に
淡麗で辛口な日本酒を製造する地域が多く見られます。

 

各地方のご当地グルメと一緒に、美味しい日本酒をご堪能ください。